沖縄県出身の女子プロゴルファーが火付け役となりました

プロゴルフには、男子と女子の国内ツアーが毎年数十試合行われており、多くのプロゴルファーが翌年のシード権獲得に向けて、熱い試合を繰り広げています。
以前のプロゴルファーよりも、最近は、若い時代から活躍するプロゴルファーが増えています。
プロゴルファーの円熟期は30代後半から40代といわれていて、数多く存在するプロスポーツの中でも息の長いスポーツです。

通常のプロスポーツは、40代で活躍している選手はほとんど居ないのが現状ですが、ゴルフに関しては40代でプロツアーで活躍している選手は数多く存在しています。

また、50代になっても男子の場合はシニアツアーという活躍する場が設けられており、60歳を過ぎても可能な限りプロ選手として活躍できるのです。

最近では女子プロゴルフファーをはじめ、男子プロゴルファーでも若い選手の活躍が目立つようになりました。
その火付け役となったのが沖縄県出身の女子プロゴルファーで、アマチュアだった高校生の時にプロツアーで優勝し、プロ転向後にも国内で素晴らしい成績を修め、現在では海外のプロゴルフツアーにも参加して大活躍しています。

その後、男女共に若い選手が増え、プロツアーでの活躍は目を見張るものがあります。
そのおしゃれなファッションにも注目され、アマチュアゴルファーに大きな影響を与えています。

最近では、ゴルフ場で若い人や女性を多く見かけるようになりました。
このように女子プロゴルフは、毎週試合がテレビ中継されたりと、多くの人が興味を持つスポーツとなったのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルフ

このページの先頭へ