全米オープンゴルフトーナメントの概要と特徴について

全米オープンゴルフトーナメントは、ゴルフの世界4大メジャートーナメント大会のひとつです。
アメリカのゴルフ競技団体である全米ゴルフ協会が主催するトーナメントで、毎年6月中旬に開催されています。
開催場所は年によって異なり、2012年はサンフランシスコにて開催されました。

全米オープンと呼ばれる理由は、同大会はプロゴルファーのみならず、アマチュアゴルファーの参加を認めているためです。
本トーナメント開催前には、アメリカ各地で1次予選、2次予選、及び最終予選が開催され、最終予選を通過した選手に本戦トーナメントの出場資格が与えられます。

従って、予選さえ通過すればプロ・アマ問わず参加が可能なのです。
アマチュアの選手がプロの選手と互角にわたりあって戦う姿は、オープントーナメントの見所のひとつであるといえるでしょう。

全米オープンゴルフトーナメントの開催コースは5年以上前から決められ、ゴルフコース運営者は大会に併せてコース設営を行っています。
全米オープンは非常に難しいコースで知られ、近年では優勝スコアをイーブンパーと想定してコースを作っているそうです。

従って、実際のゲームは派手なバーディーの取り合いにはならないのが特徴となっています。
数あるゴルフトーナメントの中で最も忍耐力と技術が必要であるとされており、優勝者には最強のゴルファーとしての栄誉が与えられます。

全米オープンは非常に注目度の高い大会であり、開催地区のホテルは1年以上前から予約で一杯になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルフ

このページの先頭へ