世界ランク305位の選手が優勝した2014年のBMWインターナショナル・オープン

世界ランクは当然ながら実力の違いを意味するものと言えますが、そういった数字が表す力の差を全く無いものにしてしまうことがあるのもゴルフの面白さではないでしょうか。
ヨーロピアンツアーの中でドイツで開催されるBMWインターナショナル・オープンで、2014年6月に行われた折には世界305位のファブリシオ・サノッティ氏が強豪選手たちとともに出場し優勝を手に入れています。

このサノッティ氏はパラグアイ人としても初のツアー優勝者で、しかもこのヨーロピアンツアーは181戦目での初優勝というものでした。

このBMWインターナショナル・オープンは1989年に第1回大会が始まり、2013年まではドイツのGCミュンヘンアイヒェンヒートが開催会場となっていましたが、2014年は初めてランチェホフGCが会場となり、もしかしたらその新しい風がサノッティ氏に吹いていたのかもしれません。

他の出場選手には世界ランク2位につけているスウェーデンの選手をはじめ、シーズン2勝目を挙げている選手や、更には前週に優勝している選手なども名を連ねていただけに、この大会での彼の優勝は非常に素晴らしい勝ち方だったと言えるでしょう。

予選を45位で通過したサノッティ氏は、ビッグスコアが繰り出される大会前半では上位選手の中には名前を見かけることがなく3日目を迎えますが、その3日目と最終日にそれぞれスコアを7ずつ伸ばして首位と同スコアになるという展開を見せます。

そして、4人が通算スコア19アンダーで並び、プレーオフに持ち込まれると快調をキープして5ホール目で勝利を手にし、多くの祝福を受けることとなりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外ツアー

このページの先頭へ