2014年は完全優勝となったアイルランドオープン

ヨーロッパに加え、アフリカや中東、アジアなどの試合会場を転戦するヨーロピアンツアーは、年間王者を決定するレース・トゥ・ドバイのポイントを獲得するための男子ツアーです。
このツアーは、アメリカのPGAツアーに次ぐスケールの大きさが魅力とも言えますが、それだけに参戦するゴルファーにはタフな体力や精神力が要求されるものでもあります。

毎年11月からスタートし、翌年の11月まで続くこのツアー各地への旅は、男子プロゴルファーにとって一目置く存在でもあるでしょう。

そして、このヨーロピアンツアーのひとつとして2014年6月19日から6月22日までの4日間、アイルランドのコーク州にある、景観が美しく多くのゴルファーが素晴らしいと称賛するコースのフォタアイランドリゾートで開催されたのがアイルランドオープンです。

このアイルランドオープンはヨーロピアンツアーの第28戦目に該当し、初日はフィンランドのミッコ・イロネン氏が通算7アンダーというスコアで単独で首位に立ちました。

2位にはドイツやスウェーデンの選手など3人が通算5アンダーで並び、続く5位には4人が通算4アンダーで並ぶという試合展開で開幕しています。

そして翌2日目もイロネン氏が2位と2打差の通算10アンダーで首位を守り、3日目は2位と1打差の通算12アンダーでやはりトップをキープし、周囲からは完全優勝を期待する声が上がります。

そのようなプレッシャーもある中で、最終日も彼は2位と1打差を守って通算13アンダーで逃げ切り、完全優勝という快挙を達成させ、更にはツアーの4勝目を飾ることとなりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外ツアー

このページの先頭へ