アフリカオープンとトーマス・エイケン

サンシャインツアーと合同会開催されるヨーロピアンツアーのひとつにアフリカオープンがあります。
この大会は2014年、アフリカ大陸で開催されるヨーロピアンツアーでは7個目の大会となり、これまでの結果では地元出身者の選手がアフリカ大陸での優勝を果たしています。
また、世界のトッププロが集まる南アフリカのナショナルオープンは、今ではツアーの最も重要な大会のひとつにまで成長し優勝者に注目が高まっています。

2014年は2月13日から4日間イーストロンドンゴルフコースで行われ、プレーオフにまでもつれ込み目の離せない展開に周囲は大いに沸きました。
白熱した試合展開で優勝を手にしたのは南アフリカのトーマス・エイケンです。

最終日、首位でスタートしたアルゼンチンのエミリアーノ・グリージョは、出だしの1番パー4で9を叩き、優勝は誰がするのか全く予想の付かない展開となりました。

4打差でスタートしたエイケンは3番イーグル、5番バーディと序盤から追い駆け、最終日を67通算20アンダーでホールアウトします。
この大会では、妻のケイティが初めてキャディーを務め彼の優勝をサポートしました。

アフリカオープンはこれまで、南アフリカ国以外の選手の優勝はなく、2014年も南アフリカの出身であるトーマス・エイケンが優勝しました。

エイケンは、これまでスペイン大会やインドの大会で優勝していたものの母国ではどうしても勝つ事が出来ず、悲願の優勝を妻と二人三脚で達成し、これからますますの活躍が期待される選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外ツアー

このページの先頭へ