スコットランドオープンの概要について

スコットランドオープンは、毎年7月第2週にスコットランドで開催されています。
欧州PGAツアーのゴルフトーナメント大会であり、正式名称はアバディーン・アセット・マネジメント・スコティッシュ・オープンと言います。
この大会の翌週に、世界4大メジャートーナメント大会の1つであり、歴史的にも最も権威のあるトーナメントと言われている全英オープンゴルフトーナメントが開催されるため、その前哨戦として知られています。

スコットランドオープンには、翌週の全英オープンに参加予定のトッププロゴルファーが数多く参加し、非常に盛り上がりを見せるゴルフトーナメント大会です。

テレビ中継やスポンサーも多く付いているため、賞金総額も約300万ポンドと破格の金額となっています。
この300万ポンドという額は、PGAツアー大会の総額賞金に匹敵する額になります。
スコットランドオープンは、1972年に創設されました。

開催コースは毎年異なり、2011年はロック・ロモンドで開催され、2012年はインバネスのキャッスル・スチュアート・ゴルフリンクスで開催されました。

2012年に大会が開催されたキャッスル・スチュアート・ゴルフリンクは、2009年に新設されたゴルフコースです。
まだ営業を開始してから間もないですが、オープン後すぐに世界中で最もすばらしい新設コースであると絶賛されています。

スコットランドの名門コースであるキングスバーンズを手がけた設計士が設計したコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外ツアー

このページの先頭へ