2012のノルデアマスターズの結果

欧州では、様々なゴルフ大会が催されています。
欧州男子ゴルフ大会のひとつであるノルデアマスターズにおいて、2012年のこの大会で優勝したのは、世界ランキング3位のイングランドのリー・ウェストウッドでした。
最終日に69というスコアをマークして、通算19アンダーという素晴らしい成績を残しています。

特に素晴らしかったのが、12番ホールにて2メートルのアプローチを直接カップインさせてイーグルを獲得したところです。
やはりゴルフの一番の見所は、アプローチにおけるカップインで、あれほど芸術的な光景はなかなか見られません。

ちなみに2位はイングランドのロス・フィッシャー選手の14アンダー、3位タイには13アンダーでスペインのセルヒオ・ガルシア選手と地元スウェーデンのピーター・ハンソン選手、フィンランドのミッコ・アイロネン選手が続きました。

2011年の覇者であるスウェーデンのアレクサンダー・ノレン選手は、通算10アンダーにて10位終わっています。
2012年の大会は1位がダントツの独走を見せました。

接戦で、1位と2位が常に入れ替わるような熱い戦いもいいですが、こうした圧倒的な勝利というのも見ていると清清しいものがあります。

今回の大会が特別というわけではなく、そうした結果の残る大会は結構ありますので、テレビ放送などがあったら是非とも視聴してみるといいでしょう。

大会そのものも楽しめることでしょうし、自分のゴルフに対してなにか得ることがあるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外ツアー

このページの先頭へ