バーチャルゴルフを選ぶ時のポイント

ゴルフスクールや練習場、ゴルフバーなどでは特に馴染みのあるバーチャルゴルフですが、最近では、多機能で高性能なマシンが購入し易い価格になりレンタルプランも充実してきたため、個人宅への導入も増えています。
他にも、ゴルフシミュレーターやシミュレーションゴルフのように様々な呼び方をされており、向いている用途やスペック、価格は様々で、特に選ぶ時には試し打ち・利用者の評価・アフターサポートの確認の3つのポイントをチェックすることが大切になります。

業者や個人宅への導入が増えたからとは言え導入コストは決して安いものではないので、個人で楽しむ場合はもちろん、集客ツールでの導入の場合でも同様に、長く安心して使えるものを選びましょう。

用途やスペックとの相性は、試し打ちをしたり利用者の評価をチェックしたりすることで情報が得られるため、失敗が防げます。

故障などのトラブルも、アフターサポートでしっかりと対応してくれるメーカーであれば、長く使えてコストパフォーマンスも良くなるのでお勧めです。

試し打ちでは、ボールの飛び方・ドロー・フェードといったグラフィックがどれだけ自然に現実を再現できているかを確かめる必要があり、これは店舗やショールームを持っている販売会社に行かなければ分かりません。

代表的な所ですと、golf land、GOLFZON、Bravo Golfには店舗やショールームが設けられていますから、まずは試し打ちで確かめることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゲーム・その他

このページの先頭へ