パターゴルフの魅力について

大掛かりなゴルフでなくとも、友達や小さい子供と一緒に楽しめるパターゴルフは、家族連れや若い世代を中心に人気があります。
通常は様々なクラブを用いて行うゴルフですが、これはパターだけを使って打ち進めるミニゴルフの一種なのでとても簡単で、誰でも出来るところが魅力です。
特に意識する必要はありませんが、ルールは本格的なゴルフと同じで、通常では4人でコースを回り、総打数の少ないプレーヤーが勝ちになります。

ゲームはまずティーマークの手前から打ち始まり、2ホール目からは前ホールの打数の少ないプレーヤーからスタートします。
ボールがコース外に出てしまった場合は全てOBとなり、出た場所から30cm以内の位置にボールを戻してから続けます。

また、空振りした時も1打と数える・打ち始めてからホールインするまでボールに触ってはいけない・静止していないボールを打ったらペナルティ加算など、大人同士で行う場合はルールに準じて行うと更に楽しめます。

パターゴルフとはいえ、忘れてはいけないのがエチケットです。

自分のプレーが終了したら、次の人の妨げにならぬよう速やかに場所を移ることはもちろん、ストロークを行う時には、他の人は動いたり話をしたり、更にボールやホールの近くに立たないなど、わざとではなくともプレーを妨害するような行為をしないよう気を付けましょう。

とはいえ、子供と一緒の場合はあまり神経質にならず、ゴルフの楽しさをちょっとだけ教えるような感じで行うと良いかもしれません。

パターゴルフは公園に併設されている所が多いので、晴れた日や屋外でのレジャーの際に、友達や家族と試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゲーム・その他

このページの先頭へ