人工芝を使ったゴルフは成り立つのか

日本にあるゴルフ練習場のほとんどが、人工芝のマットを用いた練習施設となっています。
この人工芝のマットの上で打つのと、コースでの芝生の上から打つのでは、いろいろと特性が異なります。
そのため、その特性を理解しておかなければ、練習場では上手く打てるのにコースではさっぱりという、俗に言う練習場シングルになってしまいます。

人工芝のマットから打つ場合、アイアンのソールが滑りやすくなっているため、多少ダフってもボールは飛びやすく出来ています。

そのため、練習場ではボールの行く先ばかり見ていると、もし自分がダフっていることに気付かなければ、コースに出た時には全く飛ばなくなるケースもあります。

他にも、練習場では平坦なマットの上からばかり打つことになるため、フルスイングをしていても簡単に打つことが出来ますが、コースでは完全に水平なライから打てる事は少なく、フルスイングするとバランスを崩してまともに打てない事が多いです。

しかし、練習場でも実際のコースを想定した練習をすることが出来ます。
前述の傾いたライからを想定した練習方法としては、コンパクトなスイングでバランスを崩しにくい打ち方で練習する方法があります。

また、片足をマットの外に出して、わざと傾斜から打つ状態を作り出したり、ボールをマットの端に置いて、ダフるとマットを打ってしまうような状況を作り出すなどの工夫も可能です。
このように、練習場でもコースを想定した練習をすることで、より早く上達することが出来るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゲーム・その他

このページの先頭へ