上級者向けと言われる2番アイアンにチャレンジしよう

世界中で多くの人々が楽しむゴルフには、打つためのクラブやボールと、コースを回る際に着るウェアにシューズといった様々な道具が必要です。
その一つのゴルフクラブは1本1本に役割があり、長いクラブは長距離、反対に短いものでは短い距離と、想定された飛距離を打ちやすいように作られています。
例えば、主に1打目に使用される最も飛距離が出るドライバーや、地面上であるフェアウェイから打つのに用いられるフェアウェイウッド、グリーンでカップへ入れる時に使うパターのようにそれぞれ違います。

そして、アイアンは飛距離が100ヤードから200ヤード位を狙う場合に使われるゴルフクラブです。
アイアンには種類が1番から9番まで設けられていて、数字が小さい方が距離が出やすく、大きいものはボールが浮きやすくなっています。

その中の2番はロングアイアンに分類されており、一般的にロフトの角度が18~20度で、難易度が高いのでアマチュアの使用はあまり見ることが少なく、上級者向けと言われています。

実際に、単品で売られている数は少ないのですが、それでも「BBD 706V ハイブリッド アイアン 2I」や「ツアーステージ X-BLADE エアーマッスル アイアン」などが見られます。

プロゴルファーなど主に上級者向けとされている2番アイアンをもし使うなら、このような商品も売られているので1度チャレンジしてはいかがでしょうか。

いくつかの2番アイアンを比べながら、試しに使ってみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ