キャロウェイゴルフが出すアイアンのX-22

ゴルフで使われるクラブには、ウッドやパター、ドライバーといったいくつかの種類があります。
その中でもアイアンは鉄製のヘッドが付いていて、主に100~200ヤード前後を狙う場合に用いられるゴルフクラブです。
スイートポットが大きくなっている大型ヘッドと、それに比べると小さめですが操作性に優れた小型ヘッドなど、商品によって異なります。

さて、このゴルフクラブは現在様々なメーカーやブランドが販売を行っており、アメリカのカルフォルニア州に本社が置かれているキャロウェイゴルフでも取り扱われています。

世界でも最大級の規模を誇るキャロウェイゴルフは、創業以来常に先進的なクラブを作り、多くのゴルファー達を魅了し続けているゴルフクラブメーカーで、石川遼やフィル・ミケルソンといったプロとの契約も多数しています。

そうしたメーカーが扱う商品の「X-22」と呼ばれるゴルフクラブは、優れた方向性とコントロールが可能なアイアンで、クラブヘッドとシャフトを取り付けるホーゼルの部分からリーディングエッジまで繋がりを重視してスムーズにしたので、クラブを持つ際により構えやすくなっています。

さらに、ノッチウェイティング・システムを採用することで、重量をヘッド部分の周囲へと分散でき、飛距離の精度も上がっています。

他にも、ネックの重さと360度アンダーカットにてキャビティの重さが省かれて深重心化となっていたり、トップラインに加えて狭めのソールが見た目の安心感を与えてくれたりと、様々な機能を持ち合わせているクラブです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ