今ゴルファーに注目されているハイブリッドアイアン

現在、アイアンには鍛造と鋳造、そしてハイブリッドの3種類のタイプがあります。
その中でもハイブリッドアイアンは、異なった素材を組み合わせる構造で従来のものよりもスリムなデザインにできる上、癖が無く方向性に優れ、高弾道のボールが打ち易いクラブです。
また、フェアウェイアイアンはユーティリティやフェアウェイウッドよりもかなりシャフトが短いことからボールを芯で捉え易くなり、フェアウェイウッドなどが苦手なゴルファーはハイブリッドアイアンを利用することによって悩みの解決が期待できます。

そのような理由で選ばれているハイブリッドアイアンの中でも特に人気のクラブの一つが、コブラの「バフラーXLアイアン」です。
大きなキャビシティがフェースのトランポリン効果を生み出した結果、フェース面のどこからでも初速のスピードアップが図れます。

また、オーバーサイズフェース設計という低重心の大型フェースと、ソールとエッジの摩擦低減したオーバーサイズレールによって、様々なライから高い弾道を実現しているクラブです。

ヨネックスの「チタンハイブリッドマッスルバックアイアン」は2つの世界初の機能を搭載し、TC・チタンコアFORGED、そして軟鉄の約半分の比重のチタン18gをヘッドに内蔵したことで、スウィートエリアを拡大しています。

また、ネック内にはストライプ状の溝を設けて重量を3gの軽減を実現させたグラビティー・グループ・コントロール設計により、ボールが上がりやすくなりました。

このように、各メーカーが様々な設計の工夫により高弾道で正確性の高いクラブを発売しているので、試打などで体験してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ