打ちやすいアイアンを選ぶポイント

ゴルフを始める方はいろいろなゴルフ用品を購入する機会がありますが、それぞれに選ぶポイントがあります。
打ちやすいアイアンを購入したい人は、次の6つのポイントを抑えるとよいでしょう。
まず、重要なポイントとなるのがライ角で、ライ角は間違ったものや自分に合わないものを選ぶと、スイングが良くても真っ直ぐに飛びません。

ソールが全部地面につくのではなく、アドレスでソールしたときにトゥ側が少し浮くのが正しい状態なので、このことを意識して自分に合っているかどうか確認しましょう。

次に、キャビティかマッスルバック、中空アイアンではどれが良いかというと、キャビティが万人向けで、マッスルバックは上級者向け、中空はフェース上下のミスに強く弾道は安定するというそれぞれメリットがあるので、初心者であればキャビティアイアンがおすすめです。

そして重量ですが、重すぎてもクラブは振れず、軽すぎてもショットが安定しませんので、若干重いかなと感じるくらいのアイアンが結果的には良かったという事になるでしょう。

4つ目はシャフトがカーボンかスチールかという点で、ヘッドスピードが速い人はスチールを、遅い人にはカーボンが向いていると言われていますので、高齢者や女性の方はカーボンの方がお勧めできます。

5つ目はヘッドの大きさで、上級者やプロ向けには小型のヘッドが多く操作性が良いとされていますが、初心者や中級者は大型ヘッドがよく、操作性は悪いかもしれませんが方向性は安定します。

6つ目はソールで、幅の広いソールを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ