こだわって3番アイアンを選んでみては

最近、バッグにロングアイアンを入れる機会が減ってきました。
クラブの本数は14本以内と決まっている為、難しい印象がある3番アイアンや4番アイアンよりも、使いやすいユーティリティーやショートウッドをバッグに入れる人が多いようです。
しかし、全てのクラブにメリットとデメリットがあるように、3番アイアンにもメリットがあります。

メリットは、ラインが出やすく、ウッドなどに比べると構えやすいという点が挙げられ、ラインが出やすいということは、ティーショットやセカンドショットで正しく距離を稼ぎたい時にデメリットを打ち消す効果があるかもしれません。

この結果、ボールが上がらない、ティーアップされていないとグリーンを捉えにくいというデメリットも打ち消せるでしょう。
また、構えやすい点は、構えを正しく行えることで、フェースを正しく捉え、フェース面を感じることができます。

確かにユーティリティーに比べるとミスしたときに弱くボールも上がりにくいですが、以前は全員が3番アイアンを使っていました。

ミスに弱いということは、正しく打たなければならないため、自分の技量を上げるためには最適なクラブと考えられます。

現在は、ゴルフクラブが進化しており簡単に正しく打てるようになってきましたが、クラブに助けられることで正しいスウィングの癖が身に付けにくくなっているとも考えられますので、こだわって、3番アイアンをゴルフバッグに戻してみてはどうでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ