ゴルフでは一般的に不利だと言われるレフティ用のアイアン

ゴルフにおいて左利きのハンデはとても大きいものだと言われています。
まず、左利き用のアイアンなどのクラブの種類と流通量の少なさがあり、種類が少ないので自分に合うクラブが見つけにくく、流通量が少ないことから中古も少ないので、高価になる傾向がある点です。
練習環境としても、練習場でも左利きの打席は限られている上に、あったとしても右利きの人と隣同士になるのは敬遠されることもあります。

また、ゴルフコースの多くも右利きの人を前提としてコースレイアウトが設計されている場合があり、左利きには厳しいコースがあるのが現状です。

そういったことから、ゴルフ未経験である初心者は、練習場でクラブを借りて左右の違いを味わって違和感がそれほどないのであれば、右利き用で慣れることが今後プレイを続けていくためには良いとされています。

それでも、やはり違和感があるという人や、もう左利き用のクラブを愛用しているという人には、ゴルフ専門店にコーナー展開されているのでこちらで見つけると良いでしょう。

店舗が遠方にしか無い場合には、オンラインショップの中でもレフティ用のアイアンセットなどのクラブを見つける事が出来ます。
出来れば、左利きでも右打ちで始めるのが、道具と環境の面では有利と言えます。

プロゴルファーの中でも左利きであるけれど右打ちで成功した選手もいますし、稀ではありますが逆に右利きで左打ちとなった選手も居るので、自然にスイングの出来る方を選択し、左打ちを選択した場合にはレフティ用のアイアンから慣れていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ