各メーカーのアイアンシャフト比較

ゴルフクラブの中でもアイアンはヘッドが鉄製で、振り幅をいっぱいにして打った場合は100~200ヤード飛ばせますが、理想的なのは番手ごとに飛距離や方向性が正確であることで、シャフトに関してはカーボン製よりもスチール製を装着する傾向にあります。
スチール製のものは重量系から超軽量系まで、ゴルファーの多様なニーズに応じて幅広く開発されていますので、自分の体力や技術力、スイングなどを考慮しつつ選択することが大切です。

では、各メーカーのアイアンシャフト比較で、それぞれの特徴を見てみましょう。

まず日本シャフトシリーズの「N.S.PRO950GH」は、軽量スチールの代名詞とも言われ、一般的な軽量スチールシャフトの常識とは違い、ボールが上がりやすく弾きも良いため飛距離が格段に出ます。

また、世界一のスチールシャフトメーカー、トゥルーテンパーの代表的なシャフトには「ダイナミックゴールド」があり、トッププロをはじめ、比較的上級者のゴルファーに愛用されています。

このシャフトは重量が重く、上がりが抑えられ弾道が低くなるのが特徴で、ボールを上から潰すようなダウンブローが得意な方にオススメで、体力がある人やヘッドスピードのある上級者にお勧めです。

それから、PGAツアーをもとにフィードバックされたKBSシリーズでは、シャフト全体のしなりを安定化し、クラブヘッドに伝わるエネルギーの効率を向上させている為、よりスムーズなショット感を得られます。

このように、メーカーごとにアイアンシャフト比較してみると特徴がそれぞれ違いますので、是非自分の求めるフィーリングに合わせて最良のものを選んでください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ