アイアンは毎回同じ飛距離になることが求められます

アイアンは狙ったところにゴルフボールを落とすためのクラブであり、飛距離を求めるクラブではありません。
もっとも重要なのは均一性であり同じ番手を使った時には常に同じ飛距離が出ることが求められます。
そうしないと例えば7番アイアンを使った時に平均距離が150ヤードであっても少しナイスショットすると160ヤードになったり、少し打点がずれると140ヤードしか飛ばないようであれば2打目や3打目をグリーンからこぼしてしまいスコアメイクができません。

特にハマれば飛ぶようなクラブで距離が一定していないクラブだと、池越えやグリーンの奥がないショートホールではどのクラブを使って良いかがわからなくなります。

アイアンには1番から9番までがあり、その下にもピッチングウェッジやアプローチウェッジやサンドウェッジなどがあり、番手ごとに異なる距離が出るように設計されていて、その距離はヘッドのロフト角とシャフトの質や長さによって決まります。

ロフト角に関しては飛ばないアマチュアゴルファーのためにストロングロフトと言った、従来の番手よりも少し角度が立ったクラブが販売されています。
またシャフトは大きく分けてカーボンシャフトとスチールシャフトがあります。

カーボンシャフトの方がスチールのシャフトに比べて軽量でしなりが出やすく、品質的にもバラつきが少ないことからボールの飛距離が出ますので非力なゴルファーに好まれています。

しかし距離にはバラつきがあり、計算以上に飛びすぎることもあることからプロは距離の計算ができるスチールシャフトを使うことが多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ