アイアンのスイングで気を付けていること

アイアンのスイングでは縦振りが良いとアドバイスをしている記事もあれば、最近のアイアンの場合は横振りが良いと書かれている記事もあります。
縦振りにしても横振りにしても基本的なアイアンのスイングとしては、ゴルフボールの先にアイアンの軌道の最下点を持っていくことは共通となっています。

縦振りと言うのは、芝に対してアイアンのヘッドを打ち込むイメージを持って振り下ろしボールの先のターフをえぐりとるようなスイングのことを指します。
これによって力強くスピンの効いた打球を打つことができますので、ピンをデッドに狙っていくことができます。

場合によってはピンの奥に落としてバックスピンでボールを戻すことも可能です。
一方、横振りは芝の上にヘッドのソールを滑らせるように打つ、払い打ちのことを指します。

ドライバーなどの長いクラブでティーアップしているボールを打つときには払い打ちになりますので、アイアンでもそのイメージでスイングすることでウッドもアイアンも同じ打ち方にする狙いがあります。

縦振りに比べるとスピンはかかりにくいので、ピンの手前に落としてランを計算して攻めるのが常套手段となります。
この縦振りと横振りはアイアンのタイプによって決まります。

ソールの幅が狭いマッスルバック系のアイアンはヘッドを芝に打ち込む縦振りと相性が良いです。
一方、ソールの幅が広いキャビティタイプのアイアンは払い打ちが適しています。
ソールを芝に滑らせることでトップやダフリのミスをカバーしてくれます。

逆にソールの幅が広いアイアンで芝に打ち込もうとすると地面に弾かれてしまうこともあるため、自分の持っているアイアンがどのようなタイプなのかを把握してスイングのイメージを持つと良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ