アイアンのフックは上達の過程です

アイアンは飛距離をかせぐためのクラブではなく、狙ったところにボールを運ぶためのクラブです。
ですので2打目、3打目でグリーン上のピンを狙うときにスライスやフックが出てしまうようではパーはおろかボギーすら難しくなってきます。
ショットでボールが曲がるのにはいろいろな原因があります。

ゴルフを始めてから日が浅いゴルファーはおおむねスライスから始まります。
ボールをインパクトした瞬間からボールを目で追おうとしてヘッドアップが起きたり、身体がスウェーして開いてしまったりすることが原因になります。

その後少しずつゴルフボールを打つ機会が増えてきてフォームが作られていく過程では飛距離も伸びてきます。
そうするとさらに飛距離を出そうとして強いインパクトを求めるようになり、そのタイミングがずれることでフックになってしまいます。

またちょっと遅れると逆にスライスになります。
そしてゴルフボールにしっかりと当てようとする気持ちが強くなることでトップが浅くなり、手打ちになることでも左に曲がってしまいます。

スライスもフックも上達の過程で必ず出てくる症状ですのでそこまで深刻に考える必要はないのですが、コースでボールが曲がってばかりいるとスコアメイクができませんし打ち方が分からなくなり悩んでしまうものです。

芝に負けないようにと思って打ったり、グリーンに届くか届かないかの距離をアイアンで強振するとボールが左に行きやすいので、その時のコース上での対症療法としてはグリップをゆるく握ることが効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:アイアン

このページの先頭へ