守っておきたいゴルフウェアの服装マナー

一昔前までゴルフは中年男性のスポーツというイメージが強いものでしたが、最近では若者や女性にも人気があります。
その為、おしゃれなゴルフウェアやグッズが多く出回り、プロゴルファーもおしゃれなウェアを着ているのでそれを真似る方や、プロゴルファーがデザインしたウェアも販売されています。
おしゃれなウェアを着て気分よくプレーするのも良いですが、ゴルフは紳士の国イギリス発祥のスポーツなので、服装マナーを忘れてはいけません。

更に、ゴルフ場はメンバーシップ制を取っている所が多く、そのメンバーが資金を持ち寄って運営しています。
一部のゴルフ場ではビジターにも開放していますが、メンバーが守ってきたゴルフ場の風土を汚す事がマナー違反に当たります。

では、気持ち良くプレーする為に最低限守っておきたい服装の決まりとは何でしょうか。
ゴルフ場の行き帰りの服装は、まずジャケットを着用するのが基本ですが、夏場はジャケットが無くても構わないゴルフ場もあります。

次にシャツは襟付きで、裾出しは厳禁のためシャツの裾はパンツの中に入れ、ラフすぎる格好、例えばジーパン、Tシャツ、短パン、サンダル履きは避けましょう。

プレー中のゴルフウェアは襟付きシャツをパンツの中に入れ、パンツはジーンズやスウェット以外の物で、更にベルトを付けます。

靴はソフトスパイクのゴルフシューズを着用し、帽子は危険防止の為に着用がお勧めですが、クラブハウス内に入ったら帽子は取るのがマナーです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフウェア

このページの先頭へ