温泉に入りのんびり過ごせるゴルフパックに申し込む

年齢や性別問わず多くの人々に親しまれているゴルフは、それほど激しい運動を行っているようには見えませんが、コースを回る際にかなりの距離を歩くことも多く、また、夏場など暑さの厳しい季節は体力もより消耗しやすいスポーツです。
ゴルフをプレーするには日帰りでもできますが、終わった後に温泉に浸かって、疲れを癒やすというのも一つの手です。

宿泊施設へ泊まり、温泉に入れば沢山かいた汗もすっきりと流せますし、時間に縛られずにのんびりとプレーを楽しむこともできます。
もし宿泊を伴うプレーを希望するなら、ゴルフ場のプレー料金と宿泊施設の料金が付いたゴルフパックの利用が便利です。

例えば宮城蔵王カントリークラブでは、乗用カートやグリーンフィといったプレー代と、宿泊費や朝昼夜3回の食事が付いたプランが用意されています。
泊まる所は宮城蔵王ロイヤルホテルとなっており、ホテル内のウッドデッキ調のおしゃれな露天風呂と大浴場でゆったりと疲れを癒やせます。

また、茨城県に位置するスパ&ゴルフリゾート久慈でも併設ホテルへの宿泊費などが付いたパックを設けています。
こちらもラウンド後に最適な露天風呂付き天然温泉が利用でき、開放感のある明るい内湯でリフレッシュすることが可能です。

他に、栃木県の杉ノ郷カントリークラブや熊本県の阿蘇大津カントリークラブといった全国各地のゴルフ場で、温泉に入ってゆったりできるゴルフパックが組まれていますので、是非利用してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ旅行

このページの先頭へ