ソフトスパイクとスパイクレスのゴルフシューズ

以前までは金属製のスパイクを利用したゴルフシューズが主流でしたが、ソフトスパイクやスパイクレスのものが現在では一般的となってきており、ゴルフ場でも金属製のスパイクを使ったシューズは利用できなくなっています。
ソフトスパイクは金属ではなく樹脂製のスパイクを装着するタイプのシューズで、コースに出た時のグリップ力を求める人にお勧めです。
グリップ感が落ちた場合にはスパイクを交換することができ、雨の日などのプレイにも適していますが、スパイクが付いているため普段使いには向きません。

逆に、スパイクレスシューズの利点としては普段使いにも利用することができ、ラウンドの時以外の練習や、ラウンドへ向かう時に自宅から靴を履きかえる手間が省ける上、靴を別に持っていく必要がなくなるので荷物が減ります。

デメリットとしては、ソールに工夫がされており、ある程度のグリップ力があるものの、ソフトスパイクほどのグリップ力は無いので、雨の日などのグリップが必要とされるシチュエーションには向かない点が挙げられます。

練習場に向かう時には最低限の荷物で行くのが多いものなので、スパイクレスを活用して荷物を減らし、本格的なゴルフ場でのラウンドの際には、ソフトスパイクを利用するといった、どちらも購入しての使い分けも有効でしょう。

また、どちらかに決めるとすれば機能性などを検討して、自分のプレイスタイルに合ったゴルフシューズを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフシューズ

このページの先頭へ