ゴルフシューズ選びは売上ランキングを参考にしても最終的には実際に履くことが重要です

ゴルフのスコアアップを目指す時にゴルフクラブに対してはヘッドの形状やロフトの角度、シャフトの硬さやキックポイントなどへの強いこだわりを持っていても、履いているシューズに関しては価格の安さやデザインで選ぶプレーヤーが少なくありません。
しかしゴルフシューズはスイング時のボディバランスを適正に保つために重要なアイテムです。

しかもゴルフはメンタルがプレイに大きく影響するスポーツですので自分に合ったシューズなのか、合っていないシューズなのかでスコアが5打以上変わることも珍しく無いのです。

あるトッププレーヤーがシューズメーカーと契約した際の談話ではグリーン上の傾斜を足の裏で感じたいのでゴルフシューズは素肌感覚で履けるものが望ましいという事を話している記事を読んだことがあります。

アマチュアの場合は生活がかかってるわけではありませんので、トッププロほどの細かいこだわりは必要ないとしても、斜面からのショットで滑らないような作りになっていたり、スイング時の下半身の負荷を吸収して怪我をしないようにするためにも自分に合った品質の良いゴルフシューズを選ぶことが肝心です。

最近はゴルフウェアやシューズにカジュアルなタイプの物が増えており、シューズも昔からのクラシカルタイプに加えて、スニーカータイプも人気シューズランキングの上位に挙がることが増えています。

特にラウンド回数の少ないゴルファーの場合は履いてすぐにフィットするような表皮や、生地の柔らかいタイプのシューズに人気があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフシューズ

このページの先頭へ