ジュニアのゴルフシューズは、やや余裕のあるサイズを選ぶのが一般的です

最近のゴルフブームは、若年層にも広がりをみせていて、ここ数年、子供のゴルファーが急増しています。
子供たちに安全で、快適にゴルフをプレーしてもらうためにも、ゴルフのシューズ選びはとても大切です。
ジュニアのゴルフシューズ選びのポイントになるのは、サイズ、重さ、機能性が主な要素になります。

子供用のシューズを選ぶのは非常に難しいので、通販でなく実際に店に行って、試し履きをする方が安心で、子供のシューズ選びのポイントのひとつ、適度なサイズは、成長過程にある子供にとってはとても大切です。

特に長期間、ゴルフをやっていくつもりであれば、ゴルフシューズを履く機会も増えるので、足の成長を制限しないためにも、大きさをはっきりと把握しておく必要があります。

基本的には、やや余裕のあるサイズを選ぶのが一般的で、このとき、縦のサイズだけでなくシューズの横幅も、しっかり余裕があるようなものを選ぶことが大切です。

大体指1本分ぐらい余裕があったほうが良いと言われています。
また、子供はすぐに成長して靴がきつくなってしまいますが、無理に小さいものを履かず、早めに買い換えることが必要でしょう。

子供の体の大きさをしっかり把握し、適度な大きさの靴を履くことが大事で、また、踏ん張りが利くように、5本指ソックスを履くといった工夫もいいことです。

子供にとって、靴が重過ぎないものを選ぶことも考慮が必要なポイントの一つで、機能としては、しっかりと踏ん張れる、通気性が良い、子供でも履きやすい、汚れがつきにくい、などの点に注意して、目的にあったものを選ぶのが大切でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフシューズ

このページの先頭へ