タイトリストのウェッジについて

タイトリストのクラブでも特に人気があるものとして、ボーケイ・デザイン フォージド・ウェッジがあります。
これは日本のゴルファーが好むヘッドの形を追究したもので、使ってみればその違いがすぐに実感できるくらいです。
それでは一帯どんな特徴があるのかを、ここで紹介していきます。
これは、マスタークラフトマン、ボブ・ボーケイ氏が日本のツアー現場やツアー・プロの意見を取り入れて製作しました。

ボーケイ・デザイン史上ではじめての「軟鉄鍛造ヘッド」を採用しており、精密な形状とソフトなフィーリングを提供してくれます。
その心地よい打感は、ちょっと試打をしてみても感じられることでしょう。

ロフトのバリエーションは全部で9つ用意されており、46度から62度まで2度刻みで用意されています。
この中で46~52度はフラットフルソールを採用しており54~62度はRソールを採用しています。

前者はフルショットに最適で、後者はコントロールショットに適しています。
何でも良いという気持ちで選ぶのではなく、自分が使う時にどういうものが良いのかを考えて決めてください。

これ以外にも色々なものがるのですが、日本人が使うならこれがおすすめですね。
しかし好みの問題もあるので、これしか選択肢がないと考えるのではなく、他のものも試してみてください。

最終的に満足して打てるものが見つかれば、それが一番その人に合ったものということです。

自分にあったものを探すのも、上達に必要なことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ