タイトリストのドライバーについて

タイトリストのドライバーは、洋ナシ形状が特徴です。
もはや伝統とも言えるくらいにこの形にこだわっているため、定番と言えるくらいになりました。
実際に構えてみると、この形からか大きく見えてきます。
もちろんこだわりのポイントはそれだけではないので、ここではどういう特徴があるのかをチェックしていきます。

クラブを握ってみると、しっかりとした感じがして安心感があります。
軽量のものも使いやすいのですが、ある程度の重量感とバランス感が両立されているクラブだと、上手く打てそうという気持ちが強くなりますね。

もちろん実際にはその人に合ったものが一番なので、軽い方が良いという人もいるかもしれません。
ただ重いだけじゃなく、ただ軽いだけでもない。

この絶妙な重量感が好みという人はたくさんいます。
モデルにもよりますが、平均的な日本人ゴルファーのデータから割り出されて設計された形状は、きっと満足できるはずです。

それはスイートエリアの位置にも反映されていて、他のものとは違う「つかまり」具合を実感できることでしょう。
ひとつひとつの要素は細かいものでも、それらが組み合わさることでこれだけのクオリティを実現しているのです。

色々と説明を見ても、そうなのかという域を超えることはできません。
やはり実際に打ってみてこそ、その凄さをはじめて実感できるものです。

もしも試打できるチャンスがあるなら、ぜひ試してみてください。
思わず欲しくなってしまうはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ