ゴルフのスイングは下半身を意識

クラブを腕で振ることから上半身のことばかり意識する人が多くいますが、ゴルフのスイングは下半身の動きもしっかり意識して下さい。
腕を使うことがメインだと考えている人が多いのですが、下半身こそゴルフスイングの中心なのです。
このことを意識できれば、今よりももっと上達できることでしょう。
下半身にパワーがあれば、安定感を得られます。

それができるようになれば、ミスをすることが格段に減るのです。
ヘッドスピード、ミート率、これらの要素が足を引っぱっている人は上半身に問題があると考えがちですが、そうではないことを自覚してください。

左右の足で上手く体重移動をできれば、それだけパワーを伝えることができます。
そして振り抜くときにどっしり構えていられれば、ブレることはなくなるのです。

ゴルフのスイングで下半身が上手く使えるかどうか、これだけでも初心者と中級者以上との大きな壁になります。
今まで腕の力や手首を鍛えることを意識していた人は、間違っていません。

しかしそれだけしかやってきていなかったら、それは間違った鍛え方と言えます。
全身を上手く使うことによって、思った通りの動きができるようになるのです。

下半身を鍛える時には、安定感と腰の回転を意識してください。
安定感はブレなさを生むだけではなく、ロスを少なくして力を伝えることに繋がります。

そして腰の回転でパワーを引き出すことによって、今までより比較にならないくらい良いショットが実現できるようになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ