ゴルフのスイングは基本が大事

ゴルフのスイングは基本を身につけていなければどうしようもありません。
これはどんなことにも言えるものですが、基本ができていれば自然と他の部分はできるようになります。
しかし基本ができていなければ、応用なんてできるはずがありません。
そのためにも、なかなか上手く行かない人は基本を見直すことからはじめてください。

ゴルフのスイングをする時には、「自分がこうやりたいから」や「この方がやりやすい」という考えをひとまず捨ててください。
最初に基本を身につけてから、少しずつ自分なりのフォームを考えていくようにしましょう。

アドレスはどうするのか、テークバックはどうするのか、ダウンスイングは、フォロースルー。
これらを1つずつ1から見直していけば、見違えるほど上達できます。

アドレスではボールに対して垂直を心がけてください。
テークバックは肩と腰の角度さを大きくして捻転差をつけます。
ダウンスイングをする時には体重移動をせず、捻転した分を一気に戻してインパクトがズレないように。

そしてフォロースルーはフェースの向きが身体の角度と一致するように。
文章にしてみればこれだけですが、これだけのことができていないからゴルフのスイングが上手くいかない人が多いのです。

基本的なことだから知っているといっても、知っているのとできているのとは全然違います。

なかなか上手く打てない人は、これらのことをもう一度最初から意識してフォームを整えてみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ