ゴルフアイアンの選び方について

ゴルフのアイアンの選び方としては、まずはその種類について知っておかなければいけません。
1番から9番まで分かれており、さらにアプローチ用のウェッジが用意されています。
セットで買うことになれば、それらのなかから選択する必要はありませんが、そのときにもヘッドの形状について知っておく必要があります。

大きく分けてキャビティバックとマッスルバック、さらに中空タイプの3種類があり、それぞれの性能には違いがあるものなのです。

キャビティバックというのは、一般的によく使われているタイプで、重量が中央部分に配置されており、芯でとらえられやすい形状になっているのです。
打感や操作性が良いので、初心者の人などにもオススメになっています。

マッスルバックは、上級者向けと言われているタイプで、スイートエリアが小さめにとられているので、ボールを正確にとらえる技術が必要になります。
中空タイプは、空洞を使ってスイートエリアを広げた設計になっています。

このようにヘッドの形状によってボールを打つ際のスイートエリアに違いが出てくるのです。
その大きさについては、50円玉と500円玉くらいの差があるとされているので、使う人の技量がものを言うと考えていいでしょう。

それならばワイドスポットのものだけあればいいと考える人もいるかもしれませんが、小ぶりのほうが操作性に優れているという利点もあるのです。

ですから、海外のトッププロのなかには、好んでマッスルバックを使っている選手もいるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ