ゴルフクラブのシャフト交換について

ゴルフクラブでは、シャフト交換によって飛距離アップなどが可能になると考えられています。
どのようなヘッドを使っているか、あるいはロフトや重心などから、パワーロスを減らすことができる1本を選ぶことで、より自分の能力やクラブの性能を引き出すことができるというわけです。
ただし、人気があるからという理由だけで選んだりすると、逆効果になってしまうこともあります。

必ず細かい数値からバランスのとれたセッティングをしなければいけません。
まず、ゴルフクラブのシャフトというのは、ヘッドとグリップをつなぐものだと考えられます。

ですから、グリップに加わった人間の身体から来るパワーを、ヘッドに伝える重要な部分だと言うことができるでしょう。
ですから、この部分でパワーロスがあると、力強い弾道は打てませんし、飛距離も出ないというわけなのです。

自分の身体や能力にフィットするものを選択することができれば、そのロスを減らしていくことが可能になります。
交換作業自体は、専門のメンテナンス工場に依頼するのが一般的ですが、なかには自分でやってしまうという人もいます。

作業には専用の器具などが必要になるので、それらを買い揃えておく必要があります。
工事に依頼しても、アイアンで工賃が6000円程度、ドライバーでも12000円程度だと考えていいでしょう。

これに新しい購入費を加えた額が実際に必要となる金額になります。

素材やメーカーによっても値段が変わってくるので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ