ゴルフドライバーについて

ゴルフドライバーは、ボールを遠くに飛ばすことを目的として作られています。
そのホールの1打目をティーアップして打ったり、グリーンまで距離のある2打目などでも使われることがあるクラブです。
特徴はヘッドの形で、丸みと厚みのあるものになっており、木製のものやメタル製のものがあります。

最近では、より強い反発力を求めてチタン合金のタイプが主流になっています。
シャフトが長く遠心力に優れ、そして軽量であることも特徴としてあげられます。

そして、ドライバーを使ってボールを遠くに飛ばすには、ヘッドの重心が深いものが良いとされています。
それは高弾道で打ち出せるようにしたもので、バックスピン量を抑えて吹き上がりによるロスを少なくすることが目的となっているのです。

また、ヘッドスピードが出やすい工夫がされているなど、使う人の技術を補う効果があるタイプのものも多くなってきました。
自分の技量に合わせて選ぶことができることで、楽しみも広がると言うわけです。

また、自分に合ったものを選ぶ際には、重さやシャフトの長さや固さ、そしてヘッドの素材などによって様々な組み合わせが考えられます。
メーカーによっても違いがあるものなので、いろいろと試し打ちや素振りなどをしてから選ぶようにしたほうがいいでしょう。

初心者向けのものから、上級者向け、プロ仕様のものまでいろいろあります。

1番距離を出せるクラブなので、そのぶん自分に合わないものだとスコアの良し悪しにもつながっていくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ