パンチショットとはどういう打ち方なの?

パンチショットとは、強ドローボールとでも言えるショットで、アゲインストなどに非常に強い、安定した飛距離が出るという特徴を持ったショットです。
その特徴からタイガー・ウッズがコントロールショットとして用いたりしていたそうで、使いこなせれば「頼りになるショット」にできる打ち方だと言えます。
打ち方は全体的に「低いショットを打つ」「強めのダウンブロー」としてまとめることが可能です。

具体的な打ち方としては、まずボールを中央より右足側(奥側)にセットします。
体の重心は通常より下げ気味にして、インパクト時にボールより頭が先に来ることを可能にしておきます。

スウィングはボールを上から押しつぶすようなイメージで振ります。
この時、頭が若干ですがボールより先に出て、ハンドファーストになっていればOKです。

別の言い方をすればムチのように体とクラブを使い、ボールを撫で付けるように打つというイメージも出来ます。
このように打つとフェースがかなり立った上体でインパクトすることになりますので、自然と低い弾道になるわけです。

なお、このショットは風に影響されない代わりに、同じ番手で普通に打った場合より飛距離が明らかに短くなります。

ですので、通常の場合より1~2番大きなクラブを使うのが適切となります。

また逆に、大きな番手のクラブで軽く打つことを心がけると、このパンチショットに近い形になることが多いようですので、頭に置いておくと良いかも知れません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ