つま先さがりのショットの打ち方

スタンスを取った際に自分よりボールが低くなる、つま先が下がるような位置からのショットは、平らな位置からのショットとは当然感覚が変わってきます。
つま先上がりの場合でも言えることですが、こうした非平坦地でのショットは、「打ちやすいように斜面に合わせてアドレスを変える」事が基本となります。
つま先下がりの場合、斜面に合わせると前傾姿勢が強くなり、平坦時のショットとは重心の位置、感覚が変わってきます。

しかし、それはそういうものだと考えて、その場に合わせたアドレスを取ることが重要です。
傾斜地でありながら平坦地と同じようなアドレスを取ろうとするのはミスのもとです。

そのように傾斜地に合わせたアドレスでショットをすると、当然ボールは平坦地のショットと違った挙動を示します。
つま先下がりのショットの場合、スライスが出る傾向があります。

右利きなら右方向に曲がるわけですが、この時このスライスを無理になくそうとすると、これもミスのもととなります。

「つま先下がりはスライスするもの」と割りきって、初めから目標方向より左向きにスタンスを取ってしまいましょう。

曲がるとOBしてしまうというような場合は、一打で距離を詰めるのを諦めて短く刻んでしまいましょう。
通常の感覚で打てない箇所でアレコレ悪戦苦闘するよりは、さっさと打ちやすいところへ脱出することを優先すべきです。

すなわち、つま先下がりのショットのコツは「平坦地と同じようには打てない事を割り切る」事にあると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ