パターの良い練習方法について

グリーンに乗せて最後の一打となるパッティング。
このパターショットで要求されるのは、一にも二にも正確で精密な動きをすることです。
当たり前ですが、この場面ではパワーもスピードも要りません。
それだけに極論としては「パターの良し悪しは練習量で決まる」と言っても過言ではない部分があります。
ただその上で練習の際に気をつけるべきポイントというものはいくつか存在します。

まず、パッティングの際には頭を動かさないことが大事になります。
練習法としては、誰かに頭を押さえてもらってパッティングをしてみるという練習法が有ります。

一人で難しい場合は、打った後も数秒の間ボールがあった位置を見つめるという癖をつけるとよいでしょう。
同じく脚を動かさないというのも重要です。

あるプロは膝にボールか何かを挟んで、落とさないようにしながらパッティングを行う練習をしていたそうです。

また、パター練習はただ数をこなすと言うよりは、一打一打の腕の筋肉の動きや、ボールにフェースが当たるときの感触などをしっかり感じ取りながら行うのが望ましいとされます。

正確な動作をすることが練習の目標ですので、現在のパッティングについても詳細なフィードバックデータが必要というわけです。
こうした動作の正確さを感じ取るために、「目を閉じてパットをする練習」も有効だそうです。

目を閉じて感触に感覚を研ぎ澄まして、ゆっくりと動きを確かめながらのパット練習が、上手なパッティング習得への近道だといえるのでは無いでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ