スクエアのスタンスってどういうこと?

スクエアのスタンスとは、簡単に言ってしまえば飛球方向に平行に構えるスタンスの取り方です。
ある意味、基準となるスタンスであり、このスタンスでまっすぐ打球出来る人ならば、あとはスタンスをオープンにしたり、クローズにするだけでスライスやフック、フェードやドローボールを打ち分けることができます。
逆に言えば、スクエアスタンスで制御できないスライスやフックが出る人は、少しオープン・クローズスタンスに変えてみる事で、球筋をストレートに近づけることも出来ます。

基本としてはスクエアスタンスで真っ直ぐな打球が出来るのが、選択肢の広さ的に考えて望ましいとは言えます。

ただ、年齢ごとの運動能力の違いや、体の硬い柔らかいなどの個人差も大きいので、その辺をスタンスの取り方で調整するというのが有効なわけです。

なお、この「飛球線に平行」という部分も、実は体のどこを以って平行に合わせるのかという注意点があります。
まずつま先はあまりあてになりません。

スタンスを取って、実際にスウィングするためにはつま先にかなり力がかかりますので、ある程度踏ん張れるようにゆるく逆ハの字に開いているのが普通です。

開き具合が必ずしも左右同じではありませんし、動きの基点として不適切です。
スウィングの動きの中心は、回転運動を生み出す腰になりますが、腰では平行を判断できませんので、そこに近い膝がこの場合は適しています。

スタンスを取ってみて、膝を結ぶ線が飛球線と平行になっていれば、スクウェアスタンスであると言って良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ