フックを治すための練習方法はありますか

利き手と逆側、右利きなら左方向にグングン曲がっていくショットがフックショットですが、スライスショットと並んで結構な人が制御できないフックショットに悩んでいます。
そうした制御できない強いフックショットが発生する原因としては、スウィングがインサイドアウトになっているというものが挙げられます。
細かいところとしては、フォロースウィングで上体が回転せずに手だけ振られる結果手首が返ってしまっていたり、バックスウィング時にフェースがスウィングに対して垂直になっていないなどの点が挙げられます。

こうしたフックになってしまうスウィングの矯正法としては、色々な方法が提唱されています。

その中で面白いのが、一本足で打ってみるという練習法です。
スライス矯正の場合は左足一本、フック矯正の場合は、右足一本で打ってみるというものです。

通常のスタンス時にボールの後ろにある右足のみを軸にしてスウィングをすると、スタンスは超オープンスタンスとなります。
フォロースウィングでは左側が盛大に開いていますので、自然と左側に大きく振るフォロースウィングになります。

この状態では、クラブがイン(寝ている状態)から入る軌道だとそもそもミートできませんので、自然とストレートな軌道になります。

これで弱~強のスライスがかかれば正解ということになります。

この打ち方で感覚をつかんだ後に通常のスタンスに戻すと、フックになるスウィングの癖が自分でも感じられるようになっているはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ