つま先あがりのショットの打ち方

スタンスを取って立った時につま先の側が上がっているような状態、斜面から打つショットを「つま先上がりのショット」と特に区分して呼ぶのは、それだけ苦手としている人が多い証左でもあります。
普段と上体の角度やボールの挙動が変わってきますので、やはりそれに合わせたショットの仕方が必要になります。

つま先上がりのショットをする際の最初の注意点としては、「つま先上がりショットはどの道左に行く」という性質です。
これはアドレスの取り方、スウィングにかかる制限のためにどうしてもそうなります。

これを敢えてまっすぐ飛ぶように策を凝らしたりすると、予想外の方向に飛んで行ったり、つまらないミスをしたりする元となります。
左に行くことは最初から織り込み済みにして、最初から目標より右寄りにスタンスを取るのが賢いといえるでしょう。

実際のショットに関しては、2つの点を除いて普段と一緒だと考えます。
違う点の一つ目は立ち方です。

斜面に合わせて上体の傾斜を緩くして、つま先に体重を載せて立ちましょう。
普段より膝裏が伸びた格好になりますが、これは必然です。

もう一つの違う点はスウィングの軌道です。
とは言え、気持ちフラットにする他はあまり意識しないほうが良いでしょう。

先程も述べたようにこうしたアドレスでショットすると大体ボールは左方向に行きますが、つま先上がりショットはそうなるものだと割りきって、焦ってミスをしないことが一番重要な点だといえるかも知れません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ