フェードボールとは何か、その打ち方とは

フェードボールとはスライスショットの仲間であり、利き手と逆側に飛び出した後、利き手の方に少し曲がる弾道を描きます。
右利きなら左寄りで打ち出して、その後失速時に右に曲がっていくイメージです。
フェードボールの特徴としては、スピンの掛かり具合の関係でランオーバーしにくい、飛距離が安定するというものがあります。

このことから、距離を正確に刻みたい、遠距離からアプローチを掛けるなど細かな距離調整が必要な局面でよく用いられます。
打ち方としては、目標に対し、少しオープンスタンスに構えます。
ボールが飛び出す方向に構えます。

ボール位置はスタンスを開いた分、体の中央に寄ります。
クラブフェースは目標方向に合わせてグリップしますので、フェースとスタンスは角度が開きます。

この状態からスタンスに合わせて普通にスウィングすると、自然とアウトイン軌道になり、フェードボールのスピンが掛かります。
注意点としてはフォロースウィングで手首を返さないことです。

そのまま素直に振りぬきましょう。フェードにならずフックが掛かってしまう人は特にこの点を注意すると良いようです。
なお、スタンスとフェースの角度差を大きくすると、より強く回転がかかったスライスボールへと変化していきます。

大体真っ直ぐでちょっと曲がるぐらいなのか、ぐっと大きく曲げたいのかの調整は、スタンスとグリップで行えるということでも有ります。

自分のショットで、どのぐらいのスタンスがどのぐらいのフェード~スライスになるのかは、色々試してみて覚えていく他ないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ