ドローボールとは何でしょうか

ドローボールとは、基本的にまっすぐ飛んで、落下直前に利き手と逆側に(右利きだったら左に)少し曲って落ちる球を指す呼び方です。
基本的にまっすぐ飛ぶので、狙った所に落としやすい、また、逆風などの風の影響を比較的受けにくいということで、プロでは意識的に打ち分けられることが多いようです。
全体的な傾向としては、「飛距離が出る」「風の影響を受けにくい」という部分が好まれて多用されるようです。

系統的にはフックボールの仲間となりますので、打ち方もそれに近いものとなります。
ドローボールの打ち方として第一に心がけるべき点は「ハンドファースト」になっているかどうかです。

打ち気が強くて先にクラブヘッドが出るようなスウィングをすると、強いスライスがかかることが多くなります。
逆に振りに対してミートを送らせることを心がけるとボールはフック気味になっていきます。

適度にフックが掛かったドローボールを打つためとしては、普通にスウィングしてその上でハンドファースト、腕とクラブをムチのように使うことを心がけるのが有効です。

心がけるとはいってもあくまで通常のフォームを崩さない範囲であり、本当に「心がける」程度が一番良い塩梅となります。

このスウィングは、ほぼイコールで円運動の力が余さずボールに伝えられた「よく飛ぶ」打ち方でもありますので、上手く素直に打てたショットは自然とドローボール気味になると考えたほうが良いでしょう。

ドローボールを打ち分けると言うよりは、ドローボールになるのが、よく飛ぶスウィングが出来た証拠と捉えるのが良いのかも知れません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ