左の壁をつくるスイングについて

左の壁を作ると言った時、この壁はすなわち左足の事を指しています。
スウィングの際にしっかり左足を固定して、ブレさせないことで、円運動の力をあますことなくボールに伝えることが出来るため、飛距離をしっかり出したければ「左の壁を作るスウィングをしろ」と言われるわけです。
おそらく、元々は「左側に壁があるようなイメージで体が左に流れないようにしっかり固定しろ」という事だったのだと思われます。

通常のスウィングの際、体重は右側に移動してテイクバックをし、バックスウィングに先立って中央~左足のところまで体重が戻ってきます。

この体重移動をスムーズに行うことが良く、真っ直ぐ飛ぶ打球の条件となるのですが、この時に実際の体の動きまで左右にゆらゆら動いてはいけないのです。

あくまでスウィングは円運動であり、人間の骨格で円運動をスムーズに行うために体重移動が必然的に伴うと考えるのが正しい形だと言えます。

これが崩れてインパクト時に体が左にずれていくようだと、正確なミートが出来ず、せっかくの円運動の運動エネルギーも上手く伝わりません。

左足は最終的な回転軸の支えにもなりますので、しっかり突き立てて、ぶれさせないことが大事です。

イメージとしては、軸がしっかり固定されていないでビリビリ振動音がしているような風車と、しっかり軸が固定されて、静かに回っている風車のどちらがパワーを秘めているかというものでも良いでしょう。

しっかり左足をつっかえ棒にして、体が左に流れないようにするのが「左の壁を作るスウィング」であり、遠く飛ぶショットのための必須事項だといえるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ