スイングのときの体重移動はどうすればいいでしょうか

スウィングの際の体重移動は、ショット全般、特に飛距離に対して非常に大きな影響を持っています。
力いっぱい振っているのに全然飛ばないという人の多くが、スウィングの中で体重移動がスムーズに行われずに、ちぐはぐした動きになっているようです。
代表的な例がリバースピボットと呼ばれる状態で、本来テイクバック時には右足に体重が移動して、バックスウィング開始時に左足に体重が移動して、それにつられて腰→肩→腕→クラブと動きが伝わっていくのですが、これと逆の体重移動、すなわちテイクバック時に左足に体重がかかって、バックスウィング時に右足に体重がかかってしまうような動きをリバースピボットといいます。

この場合、体重移動がスウィングスピードを消しているような状態になるので、一生懸命振っている割には全く飛距離にならないわけです。

プロとアマの体重移動を比較してみると、プロは基本的に今述べた体重移動の流れをスムーズに大胆に行なっています。

その体重移動が最終的なヘッドスピードに変わって、飛距離を生み出すわけです。

正しい体重移動を身につける方法としては、バックスウィングのテイクバック時に右足に意識的に体重を載せていくことから始めましょう。

少しゆっくりとしたスウィングで、体重移動を意識しつつ、右足から左足へ体重を移動させてからスウィングを開始するという事を心がけるところから始めれば、正しいスウィングが身につくでしょう。

おそらく、正しい体重移動と合わせて振った場合、ゆっくり目と心がけていても思わぬ飛距離が出るはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ