ウッドとアイアンの打ち方について

ウッドとアイアンの打ち分け、結論から言えば「しっかり練習量が取れるなら別の打ち方を練習してもよいが、同じ打ち方でも問題ない」となります。
確かにウッドでは、「払い打ち」が、アイアンでは「打ち込み」(ダウンブロー)が適切な打ち方だとされています。
距離を出すウッドでは高い軌道をトップスピン気味で飛ぶ打ち方がふさわしいとい言うのは確かですし、正確な距離を飛ばして落とす必要があるアイアンでは、ややバックスピン気味の低い弾道、尻上がり気味の弾道で飛ばせるダウンブローがスコアを伸ばすコツだと言えます。

ただ一方、こうしたウッド・アイアンそれぞれ別の打ち方でと考えれば単純に考えて練習量が2倍になります。
そこまで行かなくても十分な練習量を取ることが難しいアマチュアでは、どちらかが苦手という形で残ってしまうことが往々にして存在します。

そういった点から言って、ゴルフ練習時間をしっかり取れないようなアマチュアの場合、ウッドもアイアンも同じ打ち方で練習して、その共通のフォームの熟練度を上げたほうがより効果的だとも言えるのです。

また、プロでも両者の打ち分けをせず、同じ打ち方で高いスコアを出している選手が存在し、必ずしも打ち分けが必須ではないことを示しています。

むしろアマチュアレベルで重要なのは、「自分がこのクラブで打つと、これだけ飛んでこういうふうに止まる」という自分の性能の把握と、いろんな条件で安定した打球を出来るフォーム作りであると言えます。

その意味からいけば、共通の打ち方の完成度を高めたほうが有効だとも言えるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ