バックスピンをかけるにはどのようにするのか

ボールにバックスピンをかけると、尻上がりの弾道になり、着地後もほとんど転がらなくなるので距離の制御が正確になります。
実質のスコアを決めてしまうといっても過言ではないのが刻みとアプローチですので、バックスピンを掛けるような打ち方を習得できればスコアに貢献するは確かです。
バックスピンをボールに掛けるためには、原則ダウンブローで打つことになります。

ですのでバックスピンを掛けたボールが打ちたければ、まずダウンブローを習得する必要が有ります。
その上で、ハンドファースト(クラブヘッドよりも手首が先にボールを通過)を心がけることでバックスピンがかかりやすくなります。

基本的に腕とクラブはムチのようにしならせて打球するイメージとなります。
ボールは右足前ぐらいになるようにスタンスを取ります。

原則、体の右側で「遅く」ミートするほどバックスピンがかかると考えて良いでしょう。

ただし、あまり強くバックスピンがかかってもそれはそれで挙動が読めなくなりますので、基本的に「高く上がってボトっと落ちる」「2~3回跳ねて少しだけ戻る」ぐらいのスピンで打つのが適切でしょう。

そうしたショットが要求される場面で選択されることが多いショートアイアンやSW、PWといったクラブは、正しいスウィングを行えばダウンブローで打つことになり、適切なバックスピンがかかるように設計されていますので、基本的にクラブの適切な選択と、そのクラブでの正しいスウィングが重要だとも言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ