ダウンブローの打ち方について

ダウンブローとは、スウィングの中で下りの部分、クラブヘッドの動きを振り子で例えた場合の最下点より手前の位置でボールを打つ打ち方を指しています。
「打ち込む打ち方」とも呼ばれており、バンカーや深いラフなどボールの位置が低い場合に特に要求される打ち方となります。
また、通常時配置の場合でも、払い打ちと呼ばれるヘッド最下点から上昇部分で打ち上げる打ち方に比べると、ボールにバックスピン気味の回転がかかるので、最初低い弾道が途中から上がり、最後にストンと落ちるような挙動を示します。

これは距離をきちっと詰める必要があるアプローチの際などに有効な打ち方と言えますので、意図的にダウンブローを打ち分けられると、スコアを伸ばすのに役立つのは間違い有りません。

打ち方のコツとしては様々な方法が提唱されていますが、全般に共通するのは「正しいフォームでスウィングしていれば、ショートアイアンでは自然とダウンブローになる」ということでしょう。

クラブの長さとフェースの角度などから、ショートアイアンでは自然とダウンブロー気味になるように設計されているはずなのですが、多くの場合は「打ち方」にこだわりすぎてスウィングが崩れているようです。

もしくはドライバーなどと同じ様な体の使い方をしようとしてしまっているなどの場合も有ります。

いずれにせよ、最も大事なのは、そのクラブでの正しいスウィングを身につけることであり、その結果ダウンブローもついてくると考えたほうが良いといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ