フェアウェイウッドの打ち方のコツ

ティーグラウンドからティーアップして打つことに合わせて設計されているのが、いわゆる「ドライバー」ですが、その他ティーアップしていない状態からも打てるようにできているのが、フェアウェイウッドです。
一般的な所では2~5番ウッドぐらいまでがお目にかかるところでしょう。
第一打をミスするとお世話になる可能性が高くなるので、初心者ほど馴染みになるクラブかもしれません。

フェアウェイウッドの打ち方としては、払い打ち、打ち込み打ち(ダウンブロー)の両方を使いこなせると便利です。
距離を出すときはドライバーと同じく払い打ちで高くボールを上げて、刻みたいときはダウンブローでとなります。

ただ、フェアウェイウッドが用いられる局面というのは、ある程度距離の制御が重要な場面が多くなりますので、できればダウンブローでの刻みを習得しておきたいところです。

打ち込み・払いいずれの打ち方をするにしても、フェアウェイウッドの打ち方で気をつけるべきことは、「スウィングで打つ」ということです。

適切なスウィングができていればウッドですのでヘッドスピードは十分出ています。
正しいスウィングの途中でボールを拾うぐらいの感覚で打つのがフェアウェイウッドの基本的なコツといえるでしょう。

その上で、番手の選択とスタンスの取り方で距離の調節をしていくのが適切な使い方でしょう。

ウッドに限った話ではありませんが、スウィングを崩して距離を調節しようとすると、大体ダフったりトップを叩いたりでろくなことにはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ