バックスイングの動きで注意することは?

バックスウィングは、その時点での姿勢が実際のボールインパクト時にも影響を強く及ぼすだけに、非常に重要な部分ですし、スウィング全体の最適化を考える上でも重要な手がかりとなる部分です。
バックスウィングの基本としては、まず「体重移動→回転」の順になっているかどうかを注意しましょう。
スウィング全体に言えることですが、テイクバック=バックスウィングも最初は体重移動から始まります。

まず右足に体重が移動して、体全体がわずかに右に移動します。
その動きを反映して腕とクラブが後方に振られていくという順番が正しい形となります。

この関係上、最初の段階から肘が曲がっていたり手首を捻っていたりするのはおかしいということになります。

バックスウィング最初の30~40センチは、肘は曲がっていないか、ごく緩やかに曲がっている程度、クラブと大体一直線のままだと考えると良いでしょう。

基本的に、「体重移動→回転→ひねり→体重移動→回転とひねりの開放」という形でスウィングは形成され、ボールを打つ瞬間は最もスピードが出る一方、もっともリラックスした姿勢になっているはずという原則を頭に入れて、バックスウィングを省みてみると良いでしょう。

また、正しいバックスウィングができているかのチェックポイントとして、「右肘が下を向いているか」という点も有ります。

右肘が横や上を向いているということは、先ほど述べたようなスムーズなバックスウィングが出来ていないということになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ