アプローチの家での練習方法は?

グリーンへ乗せるための一打であるアプローチは、スコアを大きく左右する重要なショットですが、この練習を家でやろうと思うとどうしたら良いでしょうか。
パッティングであれば庭でも再現可能ではありますし、ドライバーからアイアンまでのショットであれば、打ち放しあたりでフォームを練習するのが有効でしょう。

しかし、アプローチでは「距離感」という物が非常に重要になってきます。

アプローチにおける距離の制御は、結局のところ自分のスウィングとスタンスの取り方、クラブの選択、そして実際に飛ぶ距離の間での対応を感覚的に掴むことに尽きます。

すなわち、何番でこのスウィングをしたらこの角度でコレぐらい飛ぶというのを何度も繰り返して、「飛距離パターン」として蓄積していく作業がアプローチの練習となります。

ここで、実際の距離で練習が行えれば一番ですが、自宅でとなると狭いスペースで出来る工夫が必要になります。
使う道具としては、アプローチ練習用の的つきネット等でも良いですし、ただの箱でも案外用は足ります。

多少開けた庭があれば一番ですが、家屋内であっても室内を傷つけないように段ボールなどで養生してやれば、大きくスウィングをするわけではないアプローチの練習は十分可能です。

家でアプローチ練習する時の留意点としては、「スウィングの仕方は原則変えずに、クラブと飛距離(角度)の対応を覚えこむ」という点が挙げられるでしょう。

上手な打ち方を練習すると言うよりは、体の動きと飛距離の対応を覚えこむという方が正しいかも知れません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ