シャンクを直す練習方法について

ゴルフをやっているときに限らずどんな場合でも、どんな時にでもそうだと思うことがあるのです。
それは、どうしても人間と言う生き物である以上ミスはつき物だと言う事ですし、ミスが無いまま今まで生きてきた人間はいないと思います。
そんな人間がゴルフにチャレンジするという事は、当然ゴルフという競技の中にもミスはつき物なわけです。

そういったゴルフのプレイ中に関するミスショットの中から、最大級のミスショットであるシャンクと言うものについて迫ってみる事にしてみました。

シャンクと言うミスショットは、特に嫌なミスショットであります。

右方向にどんどんボールが飛んでゆく現象であり、主な原因としてインパクトでボールがクラブのネックに当たってしまう事で起こってしまうミスであります。

このミスを克服するために必要な練習方法と言うものは勿論必要になってきますが、どういった練習方法かといえばアウトサイド・インのゴルフの姿勢を直す事から始まります。

正しいスイングの軌道さえ身につけてしまえば、こういったミスショットは極力減らせる傾向にあるのです。
スイングの中で気をつけることは全部に当てはまります。

まずはグリップをしっかり握る事、それからボールポジションが左よりの場合は修正していく事です。

バックスイングはグリップの握り方と連動してきますのでまずはグリップの握り方を大事にして、ダウンスイングは左手の甲を下に向けるように打つのがポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ