正しいフェースローテーションの動きとは

フェースローテーションというものを御存知でしょうか。
これはフェース面の回転のことを指す言葉であり、フェースの回転と言うのは肩甲骨を回転させることを言うのです。
フェース面の回転だけではなく、それにプラスしてシャフト面の回転を付け加える事により、これによって飛距離も伸びますしボールもしっかり安定して飛んで行くという結果につながり、スコアに繋がっていくという事が考えられます。

さて、その原因はというとやはり身体全体の力を使って飛ばしていないことが考えられたりするほか、フォーム事態が崩れてしまっている事も考えられるのです。

これらの原因が重なる事によって、プロとアマチュアの中に違いが生まれてくるのです。

これらは気合や根性で飛ばす、と言うのではなく、しっかりとした理論の上に成り立つスタイルであり飛ばし方でもありますから、これらを理解しないままプレイするとどんどんプロとアマチュアの差が開いていくのは明白な事態として避けられない問題になってしまうのです。

そして、そのスタイルをどうやって克服するかといえば、スイングからショットの動き一連の流れ全般に言えることで共通しているのが、肩甲骨を回転させてスイングする事が大切です。

パワーを乗せないとボールは飛びません。

アドレスからバックスイング、それからダウンスイング、最後にフィニッシュと言う動きをするところで肩甲骨の捻り具合1つで、ボールの飛距離も飛び方も変わってくるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ